●4h2●

ロンドン・デイズ無料試し読みコーナー


演劇人生の核となった、泣き笑い留学日記。 イギリスでの俳優教育の何百年にもわたる蓄積をもらってこようと、ロンドンのギルドホール音楽・演劇学校に留学することにした鴻上尚史氏。英語で行われる授業に備えてみっちり勉強し、準備は万全――のはずだった。が……、そこは、想像をはるかに超える“英語の戦場”だった! 日本ではすでに名の知れた演出家にして作家である著者が一念発起、39歳で挑んだ1年間のロンドン留学。聞き取れない英語に苦戦しながら、イギリスはじめ世界各国から集まった20歳前後の俳優志望者たちとともに、ぴちぴち黒タイツを身につけ、学校生活に邁進していく。真剣に“鬼ごっこ”をし、歌い、踊る。週末ごとに動物園に行き、そこで観察してきた動物の真似を大真面目に披露する。さらには布になったり、火になったり、新聞紙と一体になったり――。たまに演出家としての視点が顔を出すものも、あくまでも生徒に徹し、悩み、考え、イギリス流ワークショップに取り組んでいく著者の、素直で涙ぐましい姿が、独特のユーモラスな文体で綴られる。一方で、時折浮き彫りになるイギリスの階級制度や差別意識。そして、著者が思う、俳優という職業の厳しさと残酷さ、素敵さ。その後も演出家として日本の演劇界をリードする著者の心の原点となった泣き笑い奮闘記。若いクラスメイトたちとともに汗を流した、愛しい日々の記録である。 文庫化にあたり、文庫の装画も担当した、ラーメンズ・片桐仁との特別対談も収録。
続き・・・



ロンドン・デイズ無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックすると詳細♪


ロンドン・デイズ「公式」はコチラから



ロンドン・デイズ


>>>ロンドン・デイズの詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)ロンドン・デイズ評判


BookLive!(ブックライブ)のロンドン・デイズ支払い方法は数多く用意されていて、Tポイントでもロンドン・デイズ電子書籍を購入することが可能です。
また、ウェブマネー・楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーでもロンドン・デイズの料金を支払うことができ便利です。
もちろんクレジットカードやキャリア決済などでもロンドン・デイズ支払いできますよ。
BookLive!(ブックライブ)ですが、ロンドン・デイズの冊数に関しては申し分ないレベルとなっており、探したけど欲しいロンドン・デイズが見つからないということは起きないでしょう。
また専用アプリリーダーは高機能で使い勝手が良いですので、読む環境を重視する方にもおすすめなロンドン・デイズ電子書籍サイトと言えます。


BookLive!(ブックライブ)ロンドン・デイズあるある


電子書籍も一般書籍と同じで情報自体が商品なので、内容が微妙でも返金請求はできません。それがあるので、楽しめるかを確かめるためにも、無料漫画に目を通す方が良いですね。
売り場では、棚の問題で陳列できる漫画の数に限界がありますが、BookLive「ロンドン・デイズ」という形態であればそのような制約がないため、少し古いタイトルも多々あるというわけです。
「電子書籍は嫌いだ」とおっしゃる方も多くいますが、1回でもスマホにて電子書籍を読むと、持ち運びの手軽さや決済の楽さから繰り返し購入する人が少なくないようです。
人気の無料アニメ動画は、スマホでも楽しむことが可能です。ここに来て中高年層などのアニメオタクも増える傾向にありますので、今後ますます発展していくサービスだと思われます。
無料漫画が楽しめるということで、ユーザー数が増加するのは当たり前の結果だと言えます。書店と違い、他の人の目を気にすることなく立ち読みすることが可能だというのは、電子書籍だからこその利点だと断言できます。





ロンドン・デイズ概要

                              
作品名 ロンドン・デイズ
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
ロンドン・デイズジャンル 本・雑誌・コミック
ロンドン・デイズ詳細 ロンドン・デイズ(コチラクリック)
ロンドン・デイズ価格(税込) 745円
獲得Tポイント ロンドン・デイズ(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


このページの先頭へ