●4h2●

野牛の歌無料試し読みコーナー


▼第1話/イオ -変身-▼第2話/野牛の歌〔アメリカ編〕▼第3話/大熊の星〔インディアン編〕▼第4話/犬の島 セドナI 〔インディアン編〕▼第5話/犬の島 セドナII〔エスキモー編〕●あらすじ/ある日、一人の男が狩りに出かけた。その途中、泥沼にはまりこみ抜け出せなくなっていた野牛を見かけた彼は、必死の努力で野牛を助ける。それから何年か後。男の住む村に「父さんを探しに来た」という不思議な少年が現れた。少年が言うには、自分の父は、かつて野牛を助けたその男だという。そして、母のもとに案内するという少年に連れられた男の前に現れたのは、一頭の野牛だった…(第2話)。●本巻の特徴/表題作「野牛の歌」をはじめ、北米先住民の神話・伝承を基に描かれた「大熊の星〔インディアン編〕」、「犬の島 セドナI 〔インディアン編〕」、「犬の島 セドナII〔エスキモー編〕」、そしてギリシャ神話を下敷きにした「イオ -変身-」を収録。「大熊の星」では星座のいわれが、「犬の島 セドナI 」、「犬の島 セドナII」では、海に面した土地で生きてきた先住民たちの伝承が語られている。初出は「イオ-変身-」1975年7月、「野牛の歌」1976年4月、「大熊の星」1976年5月、「犬の島セドナI 」1979年2月、「犬の島 セドナII」1979年3月。●その他のデータ/巻末に、拓殖大学外国語学部教授・松下直弘氏によるエッセイ『野牛の歌 神話・伝承の輝き』を収録。
続き・・・



野牛の歌無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックすると詳細♪


野牛の歌「公式」はコチラから



野牛の歌


>>>野牛の歌の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)野牛の歌評判


BookLive!(ブックライブ)の野牛の歌支払い方法は数多く用意されていて、Tポイントでも野牛の歌電子書籍を購入することが可能です。
また、ウェブマネー・楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーでも野牛の歌の料金を支払うことができ便利です。
もちろんクレジットカードやキャリア決済などでも野牛の歌支払いできますよ。
BookLive!(ブックライブ)ですが、野牛の歌の冊数に関しては申し分ないレベルとなっており、探したけど欲しい野牛の歌が見つからないということは起きないでしょう。
また専用アプリリーダーは高機能で使い勝手が良いですので、読む環境を重視する方にもおすすめな野牛の歌電子書籍サイトと言えます。


BookLive!(ブックライブ)野牛の歌あるある


スマホで閲覧できるBookLive「野牛の歌」は、外出する時の荷物を軽くするのに役立つと言えます。バッグなどの中に何冊もの本を詰め込んで持ち歩くなどしなくても、好きな時間に漫画を閲覧することができるようになるのです。
コミックサイトは1つだけではありません。それらのサイトをしっかり比較して、自分好みのものを絞り込むことが不可欠です。そうすれば失敗することも少なくなります。
「アニメに関しては、テレビで放映中のものを見ているだけ」というのは、今となっては古すぎる話だと言えそうです。その理由としては、無料アニメ動画などをネットを経由して見るという形が多くなってきているからです。
時間がなくてアニメを視聴する時間が捻出できないなんて場合には、無料アニメ動画がとても役に立ちます。毎回確定された時間に視聴するなどということは不要なので、空き時間を有効に使って楽しむことが可能です。
「家の中以外でも漫画を読み続けたい」というような漫画好きな方に向いているのがBookLive「野牛の歌」だと言えるでしょう。漫画本を運搬することもないので、荷物も軽くすることができます。





野牛の歌概要

                              
作品名 野牛の歌
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
野牛の歌ジャンル 本・雑誌・コミック
野牛の歌詳細 野牛の歌(コチラクリック)
野牛の歌価格(税込) 648円
獲得Tポイント 野牛の歌(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


このページの先頭へ