●4h2●

ペンテウス無料試し読みコーナー


▼「ペンテウス」▼第1話/エウロペの誘拐▼第2話/アクタエオン▼第3話/セメレ▼第4話/スパルトイの後裔▼第5話/バッコス▼第6話/キタイロンの惨劇 ▼「カイネウス」<ギリシア編>●あらすじ/神々の国・オリンポス。下界の様子を眺めていた、世界の支配者である神・ゼウスは、ポエニケの王・アゲノルの治める土地で大蛇ピュトンが暴れていることに気付いた。ゼウスは息子・ヘルメスを蜂に変身させ、下界へと送る。ヘルメスは、一匹の牛に入り込み、アゲノルの娘・エウロペを連れ去る。アゲノルは息子であり、エウロペの兄であるカドモスに探索を命じ、「見つけ出せなかったら、二度と帰ってくるな」と告げた。しかし、その旅は苦難の連続。何年か後、仲間の兵士たちをピュトンに全滅させられたカドモスは、一人でその強大な敵に立ち向かう…(第1話)。●本巻の特徴/カドモスはその後、テーバイという都を築き、子や孫に恵まれるが、末裔・ペンテウスの代に至るまで、オリンポスの神々の卑劣な策略に翻弄される…。ギリシア悲劇(エウリピデスの『バッコスの信女たち』)を下敷きにした、巨匠が描く異色のギリシア神話。また、この他に中編「カイネウス」を収録。初出は「ペンテウス」1975年、「カイネウス」1978年。●その他のデータ/巻末に、川崎市市民ミュージアム漫画担当学芸員・細萱敦氏のエッセイ「白土三平の雌伏時代 -人間を、自然を、そして神を描く試み-」を収録。
続き・・・



ペンテウス無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックすると詳細♪


ペンテウス「公式」はコチラから



ペンテウス


>>>ペンテウスの詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)ペンテウス評判


BookLive!(ブックライブ)のペンテウス支払い方法は数多く用意されていて、Tポイントでもペンテウス電子書籍を購入することが可能です。
また、ウェブマネー・楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーでもペンテウスの料金を支払うことができ便利です。
もちろんクレジットカードやキャリア決済などでもペンテウス支払いできますよ。
BookLive!(ブックライブ)ですが、ペンテウスの冊数に関しては申し分ないレベルとなっており、探したけど欲しいペンテウスが見つからないということは起きないでしょう。
また専用アプリリーダーは高機能で使い勝手が良いですので、読む環境を重視する方にもおすすめなペンテウス電子書籍サイトと言えます。


BookLive!(ブックライブ)ペンテウスあるある


どういった物語なのかが不確かなまま、タイトルだけで漫画を購読するのは難しいです。無料で試し読みができるBookLive「ペンテウス」であれば、ある程度中身を吟味してから購入の判断が下せます。
長期間連載している漫画は数十巻という冊数を購入することになりますので、さしあたって無料漫画で試し読みするという方が増えつつあります。やはり表紙だけみて装丁買いするというのは無理があるということでしょう。
買う前に中身を確認することができるとすれば、購入してから失敗したと思うような事が少なくなります。店頭で立ち読みをするときのように、BookLive「ペンテウス」におきましても試し読みをすれば、内容の確認ができます。
売り場では、売り物の漫画の立ち読みを禁止するために、ビニール包装するケースが一般的です。BookLive「ペンテウス」を活用すれば試し読みが可能なので、あらすじを確かめてから購入することができます。
電子書籍ビジネスにはいくつもの企業が参入しているので、必ず比較してから「どの電子書籍を使うのか?」を決めていただきたいと思います。揃えている書籍の種類や値段、サービス状況などをリサーチすることが欠かせません。





ペンテウス概要

                              
作品名 ペンテウス
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
ペンテウスジャンル 本・雑誌・コミック
ペンテウス詳細 ペンテウス(コチラクリック)
ペンテウス価格(税込) 648円
獲得Tポイント ペンテウス(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


このページの先頭へ