●4h2●

エンディングノート無料試し読みコーナー


還暦を迎える男は、半年のあいだに対照的な二人の死を経験した。享年83の母と、27歳の元部下。晩年の母を介護したのは、妻だった。その母はエンディングノートを遺し死に支度も調えていたが、なぜか60歳以前の自分史にはまったく触れていなかった。元部下は鬱病とも失恋の末の自殺とも言われていたが、真相は定かではない。ただ二人には共通していたが、後悔の念だけは伺えなかった……。小説にしか描けない、「終活」の真実。
続き・・・



エンディングノート無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックすると詳細♪


エンディングノート「公式」はコチラから



エンディングノート


>>>エンディングノートの詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)エンディングノート評判


BookLive!(ブックライブ)のエンディングノート支払い方法は数多く用意されていて、Tポイントでもエンディングノート電子書籍を購入することが可能です。
また、ウェブマネー・楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーでもエンディングノートの料金を支払うことができ便利です。
もちろんクレジットカードやキャリア決済などでもエンディングノート支払いできますよ。
BookLive!(ブックライブ)ですが、エンディングノートの冊数に関しては申し分ないレベルとなっており、探したけど欲しいエンディングノートが見つからないということは起きないでしょう。
また専用アプリリーダーは高機能で使い勝手が良いですので、読む環境を重視する方にもおすすめなエンディングノート電子書籍サイトと言えます。


BookLive!(ブックライブ)エンディングノートあるある


「すべての本が読み放題であれば、こんなに良い事はない!」というユーザーのニーズを聞き入れる形で、「月に固定額を払えば1回1回の支払いは不要」という形の電子書籍が生まれたのです。
漫画好きな人には、コミックサイトが便利だと言えます。買うのも非常に容易ですし、新たに出版されるコミックを買い求めるために、手間暇かけて店頭で事前予約するなんてことも不要になります。
ショップでは内容確認することさえためらってしまうような漫画であったとしても、無料漫画サービスを行なっている電子書籍であれば、ストーリーを充分に確認した上で買うかどうかを決めることが可能です。
本屋では扱っていないといったずいぶん前のタイトルも、電子書籍なら販売しています。無料コミックのラインナップの中には、40代50代が若い頃に読んでいた漫画も結構含まれているのです。
「どのサイトを介して本を買うか?」というのは、案外大事な事です。販売価格や使い勝手などがそれぞれ違うので、電子書籍に関しては比較検討しなければいけないと思います。





エンディングノート概要

                              
作品名 エンディングノート
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
エンディングノートジャンル 本・雑誌・コミック
エンディングノート詳細 エンディングノート(コチラクリック)
エンディングノート価格(税込) 1620円
獲得Tポイント エンディングノート(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


このページの先頭へ