●4h2●

Pythonによる数値計算とシミュレーション無料試し読みコーナー


※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。※この電子書籍は紙版書籍のページデザインで制作した固定レイアウトです。『C による数値計算とシミュレーション』のPython版登場!! 本書は、シミュレーションプログラミングの基礎と、それを支える数値計算の技術について解説します。数値計算の技術から、先端的なマルチエージェントシミュレーションの基礎までをPythonのプログラムを示しながら具体的に解説します。 アルゴリズムの原理を丁寧に説明するとともに、Pythonの便利な機能を応用する方法も随所で示すものです。まえがき第1章 Pythonにおける数値計算1.1 Pythonによる数値計算プログラムの構成1.1.1 Pythonによる数値計算プログラム1.1.2 Pythonモジュールの活用1.2 数値計算と誤差1.2.1 数値計算における誤差1.2.2 数値計算における誤差の実際1.2.3 Pythonモジュールの活用章末問題第2章 常微分方程式に基づく物理シミュレーション2.1 質点の1次元運動シミュレーション2.1.1 自由落下のシミュレーション2.1.2 着陸船のシミュレーション2.2  ポテンシャルに基づく2次元運動シミュレーション2.2.1 ポテンシャルに基づく2次元運動2.2.2 2次元運動シミュレーション2.3 Pythonモジュールの活用章末問題第3章 偏微分方程式に基づく物理シミュレーション3.1 偏微分方程式の境界値問題3.1.1 ラプラスの方程式3.1.2 ラプラスの方程式の境界値問題3.1.3 境界値問題の数値解法3.1.4 ガウスの消去法による境界値問題の計算3.1.5 逐次近似による境界値問題の計算3.1.6 その他の二階偏微分方程式3.2 ラプラスの方程式による場のシミュレーション3.2.1 ラプラスの方程式の反復解法プログラム3.2.2 より複雑な形状の領域の場合3.3 Pythonモジュールの活用章末問題第4章 セルオートマトンを使ったシミュレーション4.1 セルオートマトンの原理4.1.1 セルオートマトンとは4.1.2 セルオートマトンの計算プログラム4.2 ライフゲーム4.2.1 ライフゲームとは4.2.2 ライフゲームのプログラム4.3 交通流シミュレーション4.3.1 1次元セルオートマトンによる交通流のシミュレーション4.3.2 交通流シミュレーションのプログラム章末問題第5章 乱数を使った確率的シミュレーション5.1 擬似乱数5.1.1 乱数と擬似乱数5.1.2 乱数生成アルゴリズム5.1.3 Pythonの乱数生成モジュール5.2 乱数と数値計算5.2.1 数値積分と乱数5.2.2 乱数と最適化5.3 乱数を使ったシミュレーション5.3.1 ランダムウォーク5.3.2 ランダムウォークシミュレーション5.4 Pythonモジュールの活用章末問題第6章 エージェントベースのシミュレーション6.1 エージェントとは6.
続き・・・



Pythonによる数値計算とシミュレーション無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックすると詳細♪


Pythonによる数値計算とシミュレーション「公式」はコチラから



Pythonによる数値計算とシミュレーション


>>>Pythonによる数値計算とシミュレーションの詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)Pythonによる数値計算とシミュレーション評判


BookLive!(ブックライブ)のPythonによる数値計算とシミュレーション支払い方法は数多く用意されていて、TポイントでもPythonによる数値計算とシミュレーション電子書籍を購入することが可能です。
また、ウェブマネー・楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーでもPythonによる数値計算とシミュレーションの料金を支払うことができ便利です。
もちろんクレジットカードやキャリア決済などでもPythonによる数値計算とシミュレーション支払いできますよ。
BookLive!(ブックライブ)ですが、Pythonによる数値計算とシミュレーションの冊数に関しては申し分ないレベルとなっており、探したけど欲しいPythonによる数値計算とシミュレーションが見つからないということは起きないでしょう。
また専用アプリリーダーは高機能で使い勝手が良いですので、読む環境を重視する方にもおすすめなPythonによる数値計算とシミュレーション電子書籍サイトと言えます。


BookLive!(ブックライブ)Pythonによる数値計算とシミュレーションあるある


コミックサイトの一番のセールスポイントは、揃っている冊数がとても多いということだと思います。在庫が残るリスクがないので、たくさんの商品を扱うことができるのです。
「電子書籍に抵抗がある」という愛読家の方も多数いるようですが、一度でもスマホを使って電子書籍を閲覧したら、その気楽さや支払いの簡単さからドハマりする人がほとんどだとのことです。
書籍のネットショップでは、基本的にタイトルと作者、大ざっぱな内容しか見れないのです。ところがBookLive「Pythonによる数値計算とシミュレーション」サイトであれば、かなりの部分を試し読みができます。
月額固定料金をまとめて払えば、バラエティーに富んだ書籍を思う存分読むことができるという読み放題コースが電子書籍で話題となっています。一冊ずつ購入しなくて良いのが最大のメリットです。
どういった物語なのかが分からないという状態で、タイトルと著者名だけで漫画を選択するのは極めてリスキーです。誰でも試し読みができるBookLive「Pythonによる数値計算とシミュレーション」というサービスを利用すれば、一定程度内容を精査してから購入できます。





Pythonによる数値計算とシミュレーション概要

                              
作品名 Pythonによる数値計算とシミュレーション
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
Pythonによる数値計算とシミュレーションジャンル 本・雑誌・コミック
Pythonによる数値計算とシミュレーション詳細 Pythonによる数値計算とシミュレーション(コチラクリック)
Pythonによる数値計算とシミュレーション価格(税込) 2700円
獲得Tポイント Pythonによる数値計算とシミュレーション(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


このページの先頭へ