●4h2●

のたり松太郎(13)無料試し読みコーナー


角界きっての暴れ者、坂口松太郎が大暴れする痛快・大相撲コミック!▼第1話/いれこみ松太郎▼第2話/ドリンク松▼第3話/下痢松フン戦す▼第4話/クソ力(ぢから)▼第5話/気分は十両▼第6話/宴の後で待つものは…!?▼第7話/不動松▼第8話/大器蛮成▼第9話/家族観戦▼第10話/おハシ持つ方▼第11話/痛いの痛いの飛んでいけーっ!!▼第12話/塩合戦 ●登場人物/坂口松太郎(伊勢駒部屋の幕下力士。3度目の幕下優勝を決め、やる気満々!?)、田中清(三段目。ふだんは寡黙だが、酒が入ると別人に)、西尾留次(松太郎とは腐れ縁の仲。伊勢駒部屋に居候している)、伊勢駒親方(元・幕内九枚目。心配性な親方)、島田先生(松太郎の中学時代の恩師)  ●あらすじ/先場所で3度目の幕下優勝を決め、ついに十両へあと一歩のところまできた松太郎。昇進がかかった千秋楽の大事な一番は、大型新人と評判の高い朝風との対戦となる。いれこみ気味の松太郎は、朝から生たまご、ドリンク剤をしこたま飲むが……(第1話)。▼いつにはなく、西尾の競馬予想にも耳を貸さない松太郎。やる気満々なのはいいが、ドリンク剤の飲み過ぎで、どうやら腹の具合が??? 満足に四股(しこ)も踏めない体調で、強敵・朝風に勝つことはできるのか?(第2話)  ●本巻のハイライト/昇進がかかった一戦。下痢気味の松太郎は下っ腹に力が入らず、あいかわらずのバカ相撲で、土俵の上を右往左往。はたして松太郎は十両獲得なるか!?(第3話)
続き・・・



のたり松太郎(13)無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックすると詳細♪


のたり松太郎(13)「公式」はコチラから



のたり松太郎(13)


>>>のたり松太郎(13)の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)のたり松太郎(13)評判


BookLive!(ブックライブ)ののたり松太郎(13)支払い方法は数多く用意されていて、Tポイントでものたり松太郎(13)電子書籍を購入することが可能です。
また、ウェブマネー・楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーでものたり松太郎(13)の料金を支払うことができ便利です。
もちろんクレジットカードやキャリア決済などでものたり松太郎(13)支払いできますよ。
BookLive!(ブックライブ)ですが、のたり松太郎(13)の冊数に関しては申し分ないレベルとなっており、探したけど欲しいのたり松太郎(13)が見つからないということは起きないでしょう。
また専用アプリリーダーは高機能で使い勝手が良いですので、読む環境を重視する方にもおすすめなのたり松太郎(13)電子書籍サイトと言えます。


BookLive!(ブックライブ)のたり松太郎(13)あるある


アニメ動画というものは若者だけを想定したものではないのです。大人が見たとしても面白いと感じる内容で、深遠なメッセージ性を持った作品も増加しています。
BookLive「のたり松太郎(13)」は手軽に持ち運べるスマホやiPadからアクセスすることができるわけです。1話だけ試し読みしてから、その漫画を買うかを決定するという人が増えているのだそうです。
「ある程度中身を知ってからでないと購入に踏み切れない」と感じている方にとって、無料漫画というものは文句のつけようがないサービスだと言えます。販売者側からしても、新規顧客獲得が可能となります。
スマホやタブレットで電子書籍を手に入れれば、通勤中や休憩中など、ちょっとした時間に堪能することができます。立ち読みもできるようになっていますから、本屋に立ち寄る手間が省けます。
電子書籍を買うというのは、ネット上で文字やイラストなどの情報を得るということを意味するのです。サービス提供企業が倒産してしまったら利用できなくなるのは必至なので、入念に比較してから心配する必要のないサイトを見極めることが大事です。





のたり松太郎(13)概要

                              
作品名 のたり松太郎(13)
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
のたり松太郎(13)ジャンル 本・雑誌・コミック
のたり松太郎(13)詳細 のたり松太郎(13)(コチラクリック)
のたり松太郎(13)価格(税込) 540円
獲得Tポイント のたり松太郎(13)(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


このページの先頭へ