●4h2●

のたり松太郎(11)無料試し読みコーナー


角界きっての暴れ者、坂口松太郎が大暴れする痛快・大相撲コミック!▼第1話/一味違う飯の味▼第2話/ミミズの松太郎▼第3話/新弟子、阿久津五郎▼第4話/屁苦笑(へくしょう)▼第5話/不快な再開▼第6話/不良とワルと▼第7話/阿久津、はじめての国技館▼第8話/オツなチャンコ▼第9話/記念写真で完璧相撲▼第10話/幕の内▼第11話/松のプレッシャー▼第12話/黒、白、黒、白ときて…アレマ ●登場人物/坂口松太郎(伊勢駒部屋の幕下力士。現在、3場所負け越し中)、田中清(三段目。ふだんは寡黙だが、酒が入ると別人に)、西尾留次(松太郎とは腐れ縁の仲。伊勢駒部屋に居候している)、伊勢駒親方(元・幕内九枚目。心配性な親方)、阿久津五郎(伊勢駒部屋の新弟子、中学生。少年院にいたことがある)、島田先生(松太郎の中学時代の恩師)  ●あらすじ/松太郎も、やはり人の子。帰郷した際、母親の情に触れ、心を入れ替える決心をする。いつになく、稽古でも気合は充分。その、あまりの変わりように、部屋の仲間たちはとまどうばかり(第1話)。▼稽古に精を出したのも束の間、やはり松太郎はいつもの「のたり」に逆戻り。稽古をさぼっては、荒川土手で釣り糸をたれて毎日を過ごす。この性格は、死ななきゃ直らない!?(第2話)  ●本巻のハイライト/新キャラクター、阿久津が初登場(第3話)。さらに恩師・島田先生も登場し、旧交を温めるなど、松太郎の意外(?)な一面が描かれている(第9話)。
続き・・・



のたり松太郎(11)無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックすると詳細♪


のたり松太郎(11)「公式」はコチラから



のたり松太郎(11)


>>>のたり松太郎(11)の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)のたり松太郎(11)評判


BookLive!(ブックライブ)ののたり松太郎(11)支払い方法は数多く用意されていて、Tポイントでものたり松太郎(11)電子書籍を購入することが可能です。
また、ウェブマネー・楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーでものたり松太郎(11)の料金を支払うことができ便利です。
もちろんクレジットカードやキャリア決済などでものたり松太郎(11)支払いできますよ。
BookLive!(ブックライブ)ですが、のたり松太郎(11)の冊数に関しては申し分ないレベルとなっており、探したけど欲しいのたり松太郎(11)が見つからないということは起きないでしょう。
また専用アプリリーダーは高機能で使い勝手が良いですので、読む環境を重視する方にもおすすめなのたり松太郎(11)電子書籍サイトと言えます。


BookLive!(ブックライブ)のたり松太郎(11)あるある


小学生時代に楽しんだ昔ながらの漫画も、BookLive「のたり松太郎(11)」として購入できます。近所の本屋では陳列されていないタイトルもたくさん見られるのがポイントだと言っても過言ではありません。
既に絶版になった漫画など、店舗では取り寄せてもらわなければ手に入れられない書籍も、BookLive「のたり松太郎(11)」として様々取り揃えられているため、どのような場所でも手に入れて読み始められます。
「自分の家に保管しておけない」、「持っていることも悟られたくない」と思う漫画でも、BookLive「のたり松太郎(11)」を活用すれば他所の人に非公開のまま読めます。
「ここに陳列されているすべての漫画が読み放題だとしたら、これほど素晴らしいことはない」という利用者の声からヒントを得て、「月に固定額を払えば個別に支払う必要はない」という形式の電子書籍が生まれたわけです。
「スマホの小さな画面では読みにくいということはないのか?」と言う人がいることも認識しておりますが、本当にBookLive「のたり松太郎(11)」を買い求めてスマホで読むということをすれば、その便利さにビックリする人がほとんどです。





のたり松太郎(11)概要

                              
作品名 のたり松太郎(11)
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
のたり松太郎(11)ジャンル 本・雑誌・コミック
のたり松太郎(11)詳細 のたり松太郎(11)(コチラクリック)
のたり松太郎(11)価格(税込) 540円
獲得Tポイント のたり松太郎(11)(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


このページの先頭へ