●4h2●

のたり松太郎(3)無料試し読みコーナー


角界きっての暴れ者、坂口松太郎が大暴れする痛快・大相撲コミック!▼第1話/金星先生▼第2話/ついに二人の一騎討ち▼第3話/矢野再起不能?▼第4話/病気見舞い▼第5話/食い物整理▼第6話/帰れぬ二人▼第7話/初土俵▼第8話/田中君の敗因▼第9話/立った!勝った!!▼第10話/勝栗▼第11話/まずかった 松、勝った   ●登場人物/坂口松太郎(雷神部屋の新弟子。素質は誰もが認めるものの、性格に難あり)、田中清(雷神部屋の新弟子。ふだんは寡黙だが、酒が入ると別人に)、南令子(元・中学校教師。松太郎の憧れの女性)  ●あらすじ/蔵前国技館内の相撲教習所へ通う、雷神部屋の新弟子たち面々。だが松太郎がまじめに通うはずもなく、仲間の新弟子たちは、松太郎を教習所へ連れていくのに四苦八苦する。そんな道すがら、南先生とばったり出くわして、やや照れぎみの松太郎。すると、なぜか田中も頬をほんのり紅色に染めて……(第1話)。▼教習所でのライバル、元学生横綱の矢野と松太郎が一騎討ち。しかし、相撲を始めたばかりでイロハも知らない松太郎が、元学生横綱に太刀打ちできるはずもなく、あまりのふがいなさに周りの新弟子たちもあきれるばかり。ところが……(第2話)。  ●本巻のハイライト/松太郎と田中の初土俵。松太郎はその豪碗が買われ、幕下付出しからのデビューと異例の出世ぶり。 さて、二人の初土俵の結果は?(第9話)
続き・・・



のたり松太郎(3)無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックすると詳細♪


のたり松太郎(3)「公式」はコチラから



のたり松太郎(3)


>>>のたり松太郎(3)の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)のたり松太郎(3)評判


BookLive!(ブックライブ)ののたり松太郎(3)支払い方法は数多く用意されていて、Tポイントでものたり松太郎(3)電子書籍を購入することが可能です。
また、ウェブマネー・楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーでものたり松太郎(3)の料金を支払うことができ便利です。
もちろんクレジットカードやキャリア決済などでものたり松太郎(3)支払いできますよ。
BookLive!(ブックライブ)ですが、のたり松太郎(3)の冊数に関しては申し分ないレベルとなっており、探したけど欲しいのたり松太郎(3)が見つからないということは起きないでしょう。
また専用アプリリーダーは高機能で使い勝手が良いですので、読む環境を重視する方にもおすすめなのたり松太郎(3)電子書籍サイトと言えます。


BookLive!(ブックライブ)のたり松太郎(3)あるある


毎月の本代は、1冊あたりの金額で見ればそこまで高額ではありませんが、何十冊も買えば1ヶ月の合計金額はかなり膨らむことになります。読み放題を利用すれば利用料が定額のため、支払を抑制することができます。
BookLive「のたり松太郎(3)」のサイトで違いますが、1巻全部のページを料金なしで試し読みできるというところも存在しています。1巻だけ読んで、「面白かったら、その後の巻をお金を払ってダウンロードしてください」という販促方法です。
BookLive「のたり松太郎(3)」を積極的に使えば、自宅に本棚を準備する必要は全くなくなります。また、新刊を手にするためにショップに行くのも不要です。こうしたポイントから、ユーザー数が拡大しているのです。
「所有している漫画が多過ぎて置き場所が確保できないから、購入するのを諦める」という心配が不要なのが、BookLive「のたり松太郎(3)」の良いところです。いくら買おうとも、保管場所を考える必要がありません。
漫画が大好きな人からすると、手元に置いておける単行本は価値があるということは承知しているつもりですが、「読めればそれでOK」という人だとすれば、スマホで閲覧することができるBookLive「のたり松太郎(3)」の方が扱いやすいでしょう。





のたり松太郎(3)概要

                              
作品名 のたり松太郎(3)
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
のたり松太郎(3)ジャンル 本・雑誌・コミック
のたり松太郎(3)詳細 のたり松太郎(3)(コチラクリック)
のたり松太郎(3)価格(税込) 540円
獲得Tポイント のたり松太郎(3)(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


このページの先頭へ