●4h2●

のたり松太郎(1)無料試し読みコーナー


角界きっての暴れ者、坂口松太郎が大暴れする痛快・大相撲コミック!▼第1話/鞭声粛々(べんせいしゅくしゅく)▼第2話/暴走トラック▼第3話/酒乱色乱馬鹿二人▼第4話/円満中退▼第5話/就職行脚▼第6話/オランウータン復讐鬼▼第7話/のたり奮戦す▼第8話/“松”獲得大作戦▼第9話/のたりのたりと東京へ▼第10話/“可愛がられる”タイプの新弟子  ●登場人物/坂口松太郎(現在19歳の中学3年生。近所の鼻つまみ者で、石炭運びで鍛えた怪力が唯一の取り柄)、南令子(松太郎が通う中学校の教師。松太郎のマドンナ)、島田先生(松太郎の担任)、西尾留次(廃坑の石炭掘りで生計を立てる変わり者)  ●あらすじ/落第を繰り返し、19歳ながら中学校に通う松太郎。担任・島田の小言もまさに馬耳東風で、職員室に呼び出されても、マドンナの南先生に目を奪われる始末。今日も学校を早退しては、のたりのたりと家路をたどる(第1話)。▼早退した松太郎は、いつものとおり廃坑へ行き、小遣い稼ぎに西尾の石炭運びを手伝うことに。ところが、松太郎のリヤカーが道をふさいでいたため、うしろから来た運送会社のトラックとさっそく一悶着。荒くれ運転手相手に、松太郎は怪力ぶりを発揮し……(第2話)。  ●本巻のハイライト/結局、学校を中退することになった松太郎。だが、長崎で巡業中の関取を相手に大暴れしたことから、その怪力ぶりが親方衆の目にとまり、ついには東京・両国の雷神部屋へ入門することになる(第8話)。
続き・・・



のたり松太郎(1)無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックすると詳細♪


のたり松太郎(1)「公式」はコチラから



のたり松太郎(1)


>>>のたり松太郎(1)の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)のたり松太郎(1)評判


BookLive!(ブックライブ)ののたり松太郎(1)支払い方法は数多く用意されていて、Tポイントでものたり松太郎(1)電子書籍を購入することが可能です。
また、ウェブマネー・楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーでものたり松太郎(1)の料金を支払うことができ便利です。
もちろんクレジットカードやキャリア決済などでものたり松太郎(1)支払いできますよ。
BookLive!(ブックライブ)ですが、のたり松太郎(1)の冊数に関しては申し分ないレベルとなっており、探したけど欲しいのたり松太郎(1)が見つからないということは起きないでしょう。
また専用アプリリーダーは高機能で使い勝手が良いですので、読む環境を重視する方にもおすすめなのたり松太郎(1)電子書籍サイトと言えます。


BookLive!(ブックライブ)のたり松太郎(1)あるある


BookLive「のたり松太郎(1)」で漫画を手に入れれば、自分の部屋に本の収納場所を作る必要はゼロになります。そして、最新の本が出るたびに書店へ行く手間も不要です。こういった観点から、使用する人が増えているようです。
漫画や書籍は、書店で試し読みして買うか買わないかを決断する人が多いらしいです。だけども、近年はBookLive「のたり松太郎(1)」を介して無料で試し読みして、その書籍を買うのか買わないのかを決めるという方が増えつつあります。
お店の中などでは、どんな内容か確認することさえ躊躇してしまうような種類の漫画でも、無料漫画というサービスのある電子書籍でしたら、自分に合うかをきちんとチェックした上で判断することも可能なのです。
「詳細に比較せずに決定した」と言われる方からすれば、無料電子書籍はどこも一緒という感覚をお持ちなのかもしれないですが、サービスの詳細については提供会社によって異なりますから、比較検討してみることは重要です。
物を溜め込まないという考え方が数多くの人に賛同されるようになった昨今、本も印刷物として所持せずに、BookLive「のたり松太郎(1)」アプリで読破する人が増えているようです。





のたり松太郎(1)概要

                              
作品名 のたり松太郎(1)
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
のたり松太郎(1)ジャンル 本・雑誌・コミック
のたり松太郎(1)詳細 のたり松太郎(1)(コチラクリック)
のたり松太郎(1)価格(税込) 540円
獲得Tポイント のたり松太郎(1)(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


このページの先頭へ