●4h2●

慟哭の海峡無料試し読みコーナー


2013年10月、2人の老人が死んだ。1人は大正8年生まれの94歳、もう1人はふたつ下の92歳だった。2人は互いに会ったこともなければ、お互いを意識したこともない。まったく別々の人生を歩み、まったく知らないままに同じ時期に亡くなった。太平洋戦争(大東亜戦争)時、“輸送船の墓場”と称され、10万を超える日本兵が犠牲になったとされる「バシー海峡」。2人に共通するのは、この台湾とフィリピンの間にあるバシー海峡に「強い思いを持っていたこと」だけである。1人は、バシー海峡で弟を喪ったアンパンマンの作者・やなせたかし。もう1人は、炎熱のバシー海峡を12日間も漂流して、奇跡の生還を遂げた中嶋秀次である。やなせは心の奥底に哀しみと寂しさを抱えながら、晩年に「アンパンマン」という、子供たちに勇気と希望を与え続けるヒーローを生み出した。一方、中嶋は死んだ戦友の鎮魂のために戦後の人生を捧げ、長い歳月の末に、バシー海峡が見渡せる丘に「潮音寺」という寺院を建立する。膨大な数の若者が戦争の最前線に立ち、そして死んでいった。2人が生きた若き日々は、「生きること」自体を拒まれ、多くの同世代の人間が無念の思いを呑み込んで死んでいった時代だった。異国の土となり、蒼い海原の底に沈んでいった大正生まれの男たちは、実に200万人にものぼる。隣り合わせの「生」と「死」の狭間で揺れ、最後まで自己犠牲を貫いた若者たち。「アンパンマン」に込められた想いと、彼らが「生きた時代」とはどのようなものだったのか。“世紀のヒーロー”アンパンマンとは、いったい「誰」なのですか――? 今、明かされる、「慟哭の海峡」をめぐる真実の物語。
続き・・・



慟哭の海峡無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックすると詳細♪


慟哭の海峡「公式」はコチラから



慟哭の海峡


>>>慟哭の海峡の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)慟哭の海峡評判


BookLive!(ブックライブ)の慟哭の海峡支払い方法は数多く用意されていて、Tポイントでも慟哭の海峡電子書籍を購入することが可能です。
また、ウェブマネー・楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーでも慟哭の海峡の料金を支払うことができ便利です。
もちろんクレジットカードやキャリア決済などでも慟哭の海峡支払いできますよ。
BookLive!(ブックライブ)ですが、慟哭の海峡の冊数に関しては申し分ないレベルとなっており、探したけど欲しい慟哭の海峡が見つからないということは起きないでしょう。
また専用アプリリーダーは高機能で使い勝手が良いですので、読む環境を重視する方にもおすすめな慟哭の海峡電子書籍サイトと言えます。


BookLive!(ブックライブ)慟哭の海峡あるある


「通勤時間に車内で漫画本を広げるなんて絶対に無理」、そんな人でもスマホ内部に漫画を保存しておけば、羞恥心を感じることがなくなります。こうしたところがBookLive「慟哭の海峡」が人気を博している理由です。
本代というのは、1冊のみの料金で見れば高くはありませんが、沢山買えば月々の購入代金は高くなってしまいます。読み放題を活用すれば固定料金に抑えられるため、支出を節減できます。
1台のスマホで、気軽に漫画漬けになることが可能なのが、コミックサイトの利点です。1冊単位で購入するタイプのサイトや月極め料金のサイトなど様々あります。
移動している間などの空き時間を活用して、軽く無料漫画を見て自分に合いそうな本を発見しておけば、後々時間が作れるときに購入手続きを経て続きを満喫することもできるのです。
「所有している漫画が多過ぎて頭を悩ましているから、買いたくても買えない」ということが起こらないのが、BookLive「慟哭の海峡」の人気の秘密です。どれだけたくさん買ったとしても、片づける場所を考えなくても大丈夫です。





慟哭の海峡概要

                              
作品名 慟哭の海峡
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
慟哭の海峡ジャンル 本・雑誌・コミック
慟哭の海峡詳細 慟哭の海峡(コチラクリック)
慟哭の海峡価格(税込) 950円
獲得Tポイント 慟哭の海峡(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


このページの先頭へ