●4h2●

ビンテージ・シンセサイザー無料試し読みコーナー


※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。長らく入手困難となっていたビンテージ・シンセサイザーの歴史的研究書が待望の復刻! MOOG Minimoog、SEQUENTIAL CIRCUITS Prophet-5、YAMAHA CS-80、そして各種モジュラー・シンセなどアナログ時代の名機に関する詳細な解説はもちろん、1980年代以降の音楽を一変させたデジタル・シンセサイザー&サンプラー、シーケンサーやリズム・マシンといった周辺機器まで、ヒストリカルなシンセサイザーのすべてを300点以上の貴重な写真とともに収録しています。さらに、市場に受け入れられることなく消えていった幻の製品、アメリカおよびヨーロッパにおけるシンセサイザー産業概説、日本国内メーカーの代表的な製品紹介&開発者インタビューなど、レアで資料的価値の高い記事も満載。すべてのシンセサイザー・ファンに捧げる1冊です。【CONTENTS】PROLOGUE/フォトギャラリー◎SECTION 1 シンセサイザー産業概観アメリカのシンセサイザー・メーカーMOOG MUSICの興亡ARP Instrumentsの繁栄と没落ヨーロッパのシンセ産業世界制覇を成し遂げた日本の楽器メーカーKORGの歴史/ROLANDの歴史/YAMAHAの歴史ジュラシック・パークに取り残された電子楽器たち◎SECTION 2 モジュラー・シンセサイザーBUCHLA:FIRST MODULAR SYSTEMEMS:VCS3 & SYNTHI A/AKSKEITH EMERSON'S MOOGARP 2600EML SYNTHESIZERSE-mu:MODULAR SYNTHS◎SECTION 3 アナログ・シンセの名機たちMOOG:MINIMOOGOBERHEIM : SEM MODULESEQUENTIAL CIRCUITS:PROPHET-5YAMAHA:CS-80ARP/CBS:CHROMA◎SECTION 4 デジタル・シンセの草分けPPG :WAWEDIGITAL KEYBOARDS SYNERGY & CRUMAR GDSFAIRLGHT:CMI E-nu:EMULATOR◎SECTION 5 シンセサイザー周辺のビンテージ・マシンMELLOTRONPAIA ELECTRONICS SYNTHESIZER KITSVOX CONTINENTAL60年代のコンポ・オルガンシーケンサーの歴史ROLAND:MC-8LINN:LM-1GOSSARY/シンセサイザー関連用語*本書は1994年に発行された商品をスキャンして復刻した電子書籍です。底本の状態に起因する画像の粗い部分や、判読しにくい文字があります。あらかじめご了承ください。
続き・・・



ビンテージ・シンセサイザー無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックすると詳細♪


ビンテージ・シンセサイザー「公式」はコチラから



ビンテージ・シンセサイザー


>>>ビンテージ・シンセサイザーの詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)ビンテージ・シンセサイザー評判


BookLive!(ブックライブ)のビンテージ・シンセサイザー支払い方法は数多く用意されていて、Tポイントでもビンテージ・シンセサイザー電子書籍を購入することが可能です。
また、ウェブマネー・楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーでもビンテージ・シンセサイザーの料金を支払うことができ便利です。
もちろんクレジットカードやキャリア決済などでもビンテージ・シンセサイザー支払いできますよ。
BookLive!(ブックライブ)ですが、ビンテージ・シンセサイザーの冊数に関しては申し分ないレベルとなっており、探したけど欲しいビンテージ・シンセサイザーが見つからないということは起きないでしょう。
また専用アプリリーダーは高機能で使い勝手が良いですので、読む環境を重視する方にもおすすめなビンテージ・シンセサイザー電子書籍サイトと言えます。


BookLive!(ブックライブ)ビンテージ・シンセサイザーあるある


漫画を購入するなら断然電子書籍という方が増えています。持ち運ぶなんて不要ですし、本をしまう場所も必要ないというのが理由です。もっと言えば、無料コミックサービスもあるので、試し読みもできてしまいます。
「自室にストックしておきたくない」、「購読していることを隠すべき」という漫画だったとしても、BookLive「ビンテージ・シンセサイザー」ならば他の人に内密にしたまま満喫できます。
数多くのサービスに競り勝って、ここ数年無料電子書籍というシステムが拡大している要因としては、地元の書店が姿を消してしまったということが指摘されているようです。
コミックサイトの一番のアピールポイントは、揃っている冊数が書店よりもずっと多いということだと考えます。在庫を抱えるリスクがない分、膨大な商品を取り扱うことができるのです。
電子書籍のデメリットとして、気が付いた時には金額が高くなりすぎているということがあり得ます。ところが読み放題でしたら月額料が一定なので、どれだけDLしたところで利用料が高くなる心配は無用です。





ビンテージ・シンセサイザー概要

                              
作品名 ビンテージ・シンセサイザー
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
ビンテージ・シンセサイザージャンル 本・雑誌・コミック
ビンテージ・シンセサイザー詳細 ビンテージ・シンセサイザー(コチラクリック)
ビンテージ・シンセサイザー価格(税込) 2700円
獲得Tポイント ビンテージ・シンセサイザー(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


このページの先頭へ