●4h2●

おにぼう無料試し読みコーナー


※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。母鬼とおにぼうは、山のなかでしずかに暮らしていました。ある日、母鬼は、鉄砲の玉が足に当たり、しばらくして死んでしまいました。悲しみにくれたおにぼうは、大岩に母鬼の姿を掘って墓にしました。しばらくして、おにぼうは、村の子どもたちと一緒に遊ぶようになりました。ところが、それを知った庄屋は、「おにぼう退治」に出かけます。大変な目にあったおにぼうは、それからは山のなかでひっそりとひとりで暮らすようになりました。ある日、大雨で村が流されそうになります。そこで、庄屋たちは、力持ちのおにぼうに助けを求めに行きました。おにぼうは、自分が何とかしなければと、大岩を落としてあふれる水をせき止めようとします。おにぼうがありったけの力を込めた瞬間……。おにぼうと村の子どもたちを通して、心のやさしさ、素直な心の大切さが伝わり、心にジーンとひびきます。
続き・・・



おにぼう無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックすると詳細♪


おにぼう「公式」はコチラから



おにぼう


>>>おにぼうの詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)おにぼう評判


BookLive!(ブックライブ)のおにぼう支払い方法は数多く用意されていて、Tポイントでもおにぼう電子書籍を購入することが可能です。
また、ウェブマネー・楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーでもおにぼうの料金を支払うことができ便利です。
もちろんクレジットカードやキャリア決済などでもおにぼう支払いできますよ。
BookLive!(ブックライブ)ですが、おにぼうの冊数に関しては申し分ないレベルとなっており、探したけど欲しいおにぼうが見つからないということは起きないでしょう。
また専用アプリリーダーは高機能で使い勝手が良いですので、読む環境を重視する方にもおすすめなおにぼう電子書籍サイトと言えます。


BookLive!(ブックライブ)おにぼうあるある


数年前に出版された漫画など、店舗ではお取り寄せしてもらわないと買い求めることができない本も、BookLive「おにぼう」という形でバラエティー豊かに取り扱われているので、どこでも入手して読めます。
なるべく物を持たないというスタンスが多くの人に浸透してきたここ最近、本も印刷物として所持することなく、BookLive「おにぼう」経由で閲読する方が多いようです。
漫画が趣味であることを他人にバレたくないという人が、昨今増えているようです。家に漫画は置けないという事情を抱えていたとしても、BookLive「おにぼう」の中だけであれば誰にもバレずに漫画を読むことができます。
月極の利用料を納めれば、色んな種類の書籍をどれだけでも閲覧することができるという読み放題プランが電子書籍で人気を博しています。1巻毎に購入する手間暇が不要なのがメリットと言えます。
読み放題プランは電子書籍業界にとっては本当に斬新的な取り組みです。ユーザーにとっても出版社サイドにとっても、プラスの面が多いと考えていいでしょう。





おにぼう概要

                              
作品名 おにぼう
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
おにぼうジャンル 本・雑誌・コミック
おにぼう詳細 おにぼう(コチラクリック)
おにぼう価格(税込) 1000円
獲得Tポイント おにぼう(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


このページの先頭へ