●4h2●

山の音無料試し読みコーナー


会社社長の尾形信吾は、「山の音」を聞いて以来、死への恐怖に憑りつかれていた――。日本の家の閉塞感と老人の老い、そして死への恐怖を描く。戦後文学の最高峰に位する名作。(C)KAMAWANU CO.,LTD.All Rights Reserved※本作品は電子書籍化にあたり、紙本に含まれていた次の要素を削除しております。〈解説「川端康成──人と文学 長谷川 泉」「作品解説 瀬沼 茂樹」〉
続き・・・



山の音無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックすると詳細♪


山の音「公式」はコチラから



山の音


>>>山の音の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)山の音評判


BookLive!(ブックライブ)の山の音支払い方法は数多く用意されていて、Tポイントでも山の音電子書籍を購入することが可能です。
また、ウェブマネー・楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーでも山の音の料金を支払うことができ便利です。
もちろんクレジットカードやキャリア決済などでも山の音支払いできますよ。
BookLive!(ブックライブ)ですが、山の音の冊数に関しては申し分ないレベルとなっており、探したけど欲しい山の音が見つからないということは起きないでしょう。
また専用アプリリーダーは高機能で使い勝手が良いですので、読む環境を重視する方にもおすすめな山の音電子書籍サイトと言えます。


BookLive!(ブックライブ)山の音あるある


連載中の漫画などは数多くの冊数を買わないといけないので、一旦無料漫画でチョイ読みするという人が多くいます。やっぱり立ち読みせず本を買うというのはなかなか難易度が高いのです。
「外出先でも漫画を読み続けたい」などと言う人にオススメできるのがBookLive「山の音」なのです。漫画本を持ち歩くことが不要になり、カバンの中身も重くなることがありません。
スマホで読むことが可能なBookLive「山の音」は、外出時の持ち物を減らすのに役立つはずです。カバンの中などに何冊も本を詰めて持ち歩いたりしなくても、思い立った時にコミックを閲覧することが可能だというわけです。
無料コミックの場合は、購入を検討している漫画のさわり部分をサービスで試し読みするということが可能です。手にする前に漫画の展開を一定程度まで読むことができるので、非常に好評です。
多くの書店では、棚の面積の関係で取り扱える漫画の数に限界がありますが、BookLive「山の音」ならそんな制限がないため、少し古い漫画も取り扱えるというわけです。





山の音概要

                              
作品名 山の音
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
山の音ジャンル 本・雑誌・コミック
山の音詳細 山の音(コチラクリック)
山の音価格(税込) 734円
獲得Tポイント 山の音(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


このページの先頭へ