●4h2●

Excelで学ぶ生命保険 商品設計の数学無料試し読みコーナー


※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。生命保険の計算の仕組みがExcelで理解できる!! 契約者の金銭の授受に直接的に関わる保険料や解約返戻金はどのように決定されるのかについて、数式のみならず、Excel上の計算式と計算結果を確認することで、計算の流れを深く理解できます。 Excelでの計算例を軸とした内容とし、「計算基数」による効率的な計算の方法を紹介します。さらに医療保険、変額年金保険、学資保険、保険料払込免除特約、低解約返戻金型、市場価格調整型については、昨今の市場規模や話題性を踏まえ、それぞれ説明と計算例を解説していきます。詳細目次はじめに第1章 生命保険と生命保険数学の基礎1.1 保険とその種類1.2 生命保険に関する用語1.3 代表的な生命保険商品1.4 生命保険数学とその役割1.5 1 年定期保険の保険料の計算例1.6 大数の法則1.7 収支相等の原則1.8 計算基礎率.第2章 死亡率と生命関数2.1 死亡率と予定死亡率2.2 生命関数2.3 計算基数2.4 満年齢と保険年齢第3章 金利と現価3.1 金利と予定利率3.2 現価率3.3 生命保険数学における年金の種類3.4 確定年金の現価3.5 生命年金の現価第4章 基本的な商品の純保険料4.1 営業保険料と純保険料4.2 保険料の一般的な計算手順4.3 契約者側へ払われるお金と保険料の関係4.4 保険料建てと保険金建て4.5 定期保険の純保険料4.6 生存保険の純保険料4.7 養老保険の純保険料4.8 終身保険の純保険料4.9 医療保険の純保険料第5章 より複雑な商品の純保険料5.1 保険金額が増減する死亡保険の一時払純保険料5.2 逓増定期保険および逓減定期保険の純保険料5.3 収入保障保険の純保険料5.4 定額個人年金保険の純保険料と年金原資と年金額5.5 がん保険の純保険料5.6 特定疾病保障保険の純保険料5.7 保険料払込免除特則を付加した場合の純保険料5.8 低(無)解約返戻金特則を付加した場合の純保険料.第6章 営業保険料6.1 生命保険会社の事業費と予定事業費6.2 定期保険の営業保険料6.3 養老保険の営業保険料6.4 終身保険の営業保険料6.5 医療保険の営業保険料6.6 定額個人年金保険の営業保険料と年金原資と年金額第7章 保険料積立金と解約返戻金7.1 保険料積立金の意味と計算方法7.2 解約返戻金の意味と計算方法7.3 養老保険の保険料積立金と解約返戻金7.4 終身保険の保険料積立金と解約返戻金7.5 定期保険の保険料積立金と解約返戻金7.6 医療保険の保険料積立金と解約返戻金7.7 解約返戻金における市場価格調整の計算方法7.8 定額個人年金保険の保険料積立金と解約返戻金おわりに付録A.1 平成27年簡易生命表A.2 生保標準生命表2018(死亡保険用)A.3 本書で用いる入院発生率などA.4 本書で用いる主な記号参考文献
続き・・・



Excelで学ぶ生命保険 商品設計の数学無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックすると詳細♪


Excelで学ぶ生命保険 商品設計の数学「公式」はコチラから



Excelで学ぶ生命保険 商品設計の数学


>>>Excelで学ぶ生命保険 商品設計の数学の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)Excelで学ぶ生命保険 商品設計の数学評判


BookLive!(ブックライブ)のExcelで学ぶ生命保険 商品設計の数学支払い方法は数多く用意されていて、TポイントでもExcelで学ぶ生命保険 商品設計の数学電子書籍を購入することが可能です。
また、ウェブマネー・楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーでもExcelで学ぶ生命保険 商品設計の数学の料金を支払うことができ便利です。
もちろんクレジットカードやキャリア決済などでもExcelで学ぶ生命保険 商品設計の数学支払いできますよ。
BookLive!(ブックライブ)ですが、Excelで学ぶ生命保険 商品設計の数学の冊数に関しては申し分ないレベルとなっており、探したけど欲しいExcelで学ぶ生命保険 商品設計の数学が見つからないということは起きないでしょう。
また専用アプリリーダーは高機能で使い勝手が良いですので、読む環境を重視する方にもおすすめなExcelで学ぶ生命保険 商品設計の数学電子書籍サイトと言えます。


BookLive!(ブックライブ)Excelで学ぶ生命保険 商品設計の数学あるある


「大体の内容を知ってからお金を払いたい」と感じているユーザーからすれば、無料漫画と申しますのはメリットだらけのサービスだと言っていいでしょう。販売者側からしましても、新しい利用者獲得に結び付くはずです。
「電車やバスに乗っていてコミックブックを開くのはためらってしまう」という方であっても、スマホに直で漫画をダウンロードすれば、他人の視線を気にすることなど全く不要だと言えます。ココがBookLive「Excelで学ぶ生命保険 商品設計の数学」の人気の理由です。
アニメ動画は若者限定のものではなくなりました。アニメが苦手な人が見ても面白いと感じるストーリーで、意味深なメッセージ性を持ったアニメも非常に多いのです。
移動時間などを埋めるときに最適なサイトとして、ブームとなっているのがBookLive「Excelで学ぶ生命保険 商品設計の数学」になります。ショップまで行って欲しい漫画を探したりせずとも、スマホを1台用意すればいつでも読めるというのが大きなポイントです。
バッグの類を持ち歩くことを嫌う男の人にとって、スマホで無料電子書籍に熱中できるというのは凄いことです。荷物の量は増えないのに、ポケット内に入れて本を持ち歩けるというわけです。





Excelで学ぶ生命保険 商品設計の数学概要

                              
作品名 Excelで学ぶ生命保険 商品設計の数学
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
Excelで学ぶ生命保険 商品設計の数学ジャンル 本・雑誌・コミック
Excelで学ぶ生命保険 商品設計の数学詳細 Excelで学ぶ生命保険 商品設計の数学(コチラクリック)
Excelで学ぶ生命保険 商品設計の数学価格(税込) 4104円
獲得Tポイント Excelで学ぶ生命保険 商品設計の数学(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


このページの先頭へ