●4h2●

元号無料試し読みコーナー


新元号を迎えるにあたって、知っておきたい247元号をすべて網羅! 日本史の資料として歴史ファン必携の1冊。●いま元号を使っている国は世界中で日本だけ ●元号に使われた漢字は意外や意外、わずかに72文字だった! ●一番多く使われた漢字は? 29回の「永」●なんとっ! 多くの元号の正確な読みが分かっていない ●「平成」の「成」は元号で初めて使用された漢字だった ●初めての元号「大化」はクーデターがきっかけ ●国内初の金産出というウソで決まった「大宝」 ●長屋王の祟りを恐れて「神亀」から「天平」に ●大地震で「元禄」から「宝永」に改元するも富士山大噴火! などなど、多くの日本人が知らない元号の秘密がすべてわかる、まさに「元号トリビア」!
続き・・・



元号無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックすると詳細♪


元号「公式」はコチラから



元号


>>>元号の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)元号評判


BookLive!(ブックライブ)の元号支払い方法は数多く用意されていて、Tポイントでも元号電子書籍を購入することが可能です。
また、ウェブマネー・楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーでも元号の料金を支払うことができ便利です。
もちろんクレジットカードやキャリア決済などでも元号支払いできますよ。
BookLive!(ブックライブ)ですが、元号の冊数に関しては申し分ないレベルとなっており、探したけど欲しい元号が見つからないということは起きないでしょう。
また専用アプリリーダーは高機能で使い勝手が良いですので、読む環境を重視する方にもおすすめな元号電子書籍サイトと言えます。


BookLive!(ブックライブ)元号あるある


多くの人が無料アニメ動画を見ているようです。何もやることがない時間とかバスとか電車での移動中の時間などに、素早くスマホで堪能することができるというのは、本当に重宝するはずです。
無料漫画をわざわざ配置することで、集客数を上げ利益増に繋げるのが電子書籍サイトの目論みですが、一方のユーザー側にとっても試し読みをしてから購入の判断を下せるのでメリットがあります。
簡単に無料コミックと言われても、取り扱われているジャンルは多岐にわたります。若者向けの漫画から大人向けの漫画まで揃っているので、あなたが読みたい漫画を間違いなく見つけ出せると思います。
利用する人が急増しているのがBookLive「元号」です。スマホを使って漫画を読むことが可能ですから、労力をかけて書籍を携帯する必要もなく、手荷物が少なくて済みます。
「すべての本が読み放題であれば良いのになあ・・・」という利用者目線の発想を反映するべく、「月額料を支払えば1回1回の支払いは不要」というスタイルの電子書籍が生まれたのです。





元号概要

                              
作品名 元号
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
元号ジャンル 本・雑誌・コミック
元号詳細 元号(コチラクリック)
元号価格(税込) 1512円
獲得Tポイント 元号(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


このページの先頭へ