●4h2●

島影を求めて無料試し読みコーナー


“海の彼方に何があるのか―”。限りない好奇心を携えて、米ソ冷戦下の東西を股にかけた一人の商社マンであった著者は、後年水から企業を立ち上げ、経営者として奮闘する。本書は海を愛した男の人生、そして仲間と過ごした日々を克明に綴った“航海録”。「本書は、未知なるものへの限りない興味を持ち、海を愛し友を愛しまた、仕事では米ソ冷戦時代に東西を股をかけて幾つものプロジェクトを展開して、今は陸に上がった老船長、私の稀有な回顧録である。本書をシーガルの仲間、仕事の先輩・後輩、そして気骨のある若者たちに捧ぐ」(「序章」より)。本書のおもな内容:序章/第一部 セールスエンジニアの世界へ/第二部 冷戦時代の対ソ貿易/第三部 海へのロマン/第四部 シーガル紀行/第五部 商社マンから企業家へ/終章
続き・・・



島影を求めて無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックすると詳細♪


島影を求めて「公式」はコチラから



島影を求めて


>>>島影を求めての詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)島影を求めて評判


BookLive!(ブックライブ)の島影を求めて支払い方法は数多く用意されていて、Tポイントでも島影を求めて電子書籍を購入することが可能です。
また、ウェブマネー・楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーでも島影を求めての料金を支払うことができ便利です。
もちろんクレジットカードやキャリア決済などでも島影を求めて支払いできますよ。
BookLive!(ブックライブ)ですが、島影を求めての冊数に関しては申し分ないレベルとなっており、探したけど欲しい島影を求めてが見つからないということは起きないでしょう。
また専用アプリリーダーは高機能で使い勝手が良いですので、読む環境を重視する方にもおすすめな島影を求めて電子書籍サイトと言えます。


BookLive!(ブックライブ)島影を求めてあるある


買った後で「前評判よりもつまらない内容だった」となっても、買ってしまった漫画は返品することなどできるはずがありません。だけれど電子書籍なら最初に試し読みができるので、こうした事態を防ぐことができるというわけです。
買いたい漫画はいっぱい発売されているけど、入手してもしまう場所がないという悩みを抱える人もいます。そのため、置き場所をいちいち気にせずに済むBookLive「島影を求めて」を使う人が増えてきているのでしょう。
電子書籍も普通の書籍なんかと一緒で情報そのものが商品であるわけなので、自分に合わなくても返品は受け付けられません。ですので中身を確かめるためにも、無料漫画に目を通すことを推奨します。
電子書籍ビジネスには沢山の会社が進出していますから、必ず比較してから「どの電子書籍を選ぶのか?」を決めることが大切です。購入可能な書籍数や価格、サービス、使い勝手などを比較することが欠かせません。
BookLive「島影を求めて」の販促戦略として、試し読みができるという仕組みは素晴らしいアイデアだと言えます。時間に関係なく物語の内容を読むことが可能なので、隙間時間を賢く利用して漫画を選ぶことができます。





島影を求めて概要

                              
作品名 島影を求めて
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
島影を求めてジャンル 本・雑誌・コミック
島影を求めて詳細 島影を求めて(コチラクリック)
島影を求めて価格(税込) 1036円
獲得Tポイント 島影を求めて(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


このページの先頭へ