●4h2●

母の曠野無料試し読みコーナー


▼第1話/中国からの手紙▼第2話/逃避行▼第3話/収容所にて▼第4話/再会▼第5話/帰国▼第6話/予兆▼第7話/正月▼第8話/帰心▼第9話/彼岸▼最終話/母の旅  ●登場人物/江藤光一(すでに独立した3人の子どもをもつ父親。40年前に中国で別れた義母をひきとるが、文化の違いや自分の思いこみにとまどう)。江藤(管)きみ( 40年ぶりに日本に帰ってきた母親。しかし今の日本は自分の祖国ではないとわかり 、8カ月で中国に戻る)。  ●あらすじ/光一は、責任感が強く人望もあるサラリーマン。ある日、中国の母親から手紙が届く。母きみは、40年前に別れたきり消息がわからなくなっていたのだ 。終戦の直前、中ソ国境地帯の部隊にいた光一たちは、父と別れ厳しい逃避行をした経験をもっていた。中国語で書かれたその手紙には、生きている間にひとめ会いたいと書いてあった(第1話)。▼光一は家族会議を開き、母親を迎えにいくと宣言する。母とともに敗戦を迎えてから、軍隊の手を逃れ、現地民に追われながらもなんとか自決することなく逃げ延びることができたのは、偶然の結果だった(第2話)。▼一路母のいる竜江省へ向かう光一。国営農場に、深く皺の刻まれた年老いた母親をみつける。母は光一の入院費を工面するために中国人と再婚し、現地にとどまっていた(第3話)。  ●本巻の特徴/光一は継子だった。母は、光一と同じく先妻の子である立鮮を育て 、40年間中国で生き抜いてきた。日本に帰った母は、だんだん望郷の思いがつのる 。長年暮らし、亡くした3人の実子の眠る中国が、本当の故郷になっていたのだ。   ●その他の登場キャラクター/美登利(第1、5~最終話)、秀次(第1、2、5~最終話)、義光(第1、9話)、洋子(第1~3話)、哲男(第1~3話)、英一(第2、5~7、9、最終話)、咲枝(第2、5、7、9、最終話)、管立鮮(第5話)、武彦(第7~最終話)  ●その他のデータ/あとがき~久保田千太郎(脚本家)、年表・付表
続き・・・



母の曠野無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックすると詳細♪


母の曠野「公式」はコチラから



母の曠野


>>>母の曠野の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)母の曠野評判


BookLive!(ブックライブ)の母の曠野支払い方法は数多く用意されていて、Tポイントでも母の曠野電子書籍を購入することが可能です。
また、ウェブマネー・楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーでも母の曠野の料金を支払うことができ便利です。
もちろんクレジットカードやキャリア決済などでも母の曠野支払いできますよ。
BookLive!(ブックライブ)ですが、母の曠野の冊数に関しては申し分ないレベルとなっており、探したけど欲しい母の曠野が見つからないということは起きないでしょう。
また専用アプリリーダーは高機能で使い勝手が良いですので、読む環境を重視する方にもおすすめな母の曠野電子書籍サイトと言えます。


BookLive!(ブックライブ)母の曠野あるある


数あるサービスを凌駕して、これほど無料電子書籍という形態が浸透してきている要因としましては、普通の本屋が減る一方であるということが考えられます。
休憩中などの少しの隙間時間に、無料漫画をちょっとだけ読んで好みの作品を見つけておけば、後ほど時間が取れるときに買い求めて続きの部分を読むということも可能です。
「電車の中でも漫画を読んでいたい」などと言う人にちょうど良いのがBookLive「母の曠野」だと言っても過言じゃありません。その日に読みたい本を運搬するのが不要になるため、鞄の中身も軽量化できます。
買った本は返品を受け付けてもらえないので、内容を確かめたあとで買い求めたい人には、試し読みができる無料電子書籍は予想以上に重宝するはずです。漫画も中身を確かめた上で買うことができるわけです。
とてもたくさんの人が無料アニメ動画の視聴をしているようです。ぽっかり空いた時間とか移動中の時間などに、手軽にスマホで楽しむことができるというのは、非常に重宝します。





母の曠野概要

                              
作品名 母の曠野
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
母の曠野ジャンル 本・雑誌・コミック
母の曠野詳細 母の曠野(コチラクリック)
母の曠野価格(税込) 972円
獲得Tポイント 母の曠野(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


このページの先頭へ