●4h2●

魔王は閨で、勇者の〈子種〉を乞い願う(1)無料試し読みコーナー


緋の時代の末期のこと。魔王が滅ぼされ、永きにわたる戦乱の世が終わりを告げて数か月。魔王を殺すためだけに改造の限りを尽くされながらも、その役目を果たせず英雄になり損ねた<勇者>クリムは、魔王を殺し英雄となった魔王の娘・ミリアンドールに呼び出され、一つの依頼を受けることになる。 「――クリム様。わたしに子種をいただけますでしょうか」「…………………はい?」 大真面目に告げられた、正気の沙汰とは思えぬその依頼。しかしその裏には、世界の命運を揺るがしかねない事実が隠されていた。魔王は実際には滅びておらず、復活の危機が迫っていること。そして――魔王の復活を阻止するためには、ミリアンドールの依頼を聞き入れるほかないということ。なり損ないの勇者、クリム。心優しき魔王の娘、ミリアンドール。これは、そんなふたりを中心として巻き起こった、ある英雄譚の最終章。いびつで淫らな、恋物語。
続き・・・



魔王は閨で、勇者の〈子種〉を乞い願う(1)無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックすると詳細♪


魔王は閨で、勇者の〈子種〉を乞い願う(1)「公式」はコチラから



魔王は閨で、勇者の〈子種〉を乞い願う(1)


>>>魔王は閨で、勇者の〈子種〉を乞い願う(1)の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)魔王は閨で、勇者の〈子種〉を乞い願う(1)評判


BookLive!(ブックライブ)の魔王は閨で、勇者の〈子種〉を乞い願う(1)支払い方法は数多く用意されていて、Tポイントでも魔王は閨で、勇者の〈子種〉を乞い願う(1)電子書籍を購入することが可能です。
また、ウェブマネー・楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーでも魔王は閨で、勇者の〈子種〉を乞い願う(1)の料金を支払うことができ便利です。
もちろんクレジットカードやキャリア決済などでも魔王は閨で、勇者の〈子種〉を乞い願う(1)支払いできますよ。
BookLive!(ブックライブ)ですが、魔王は閨で、勇者の〈子種〉を乞い願う(1)の冊数に関しては申し分ないレベルとなっており、探したけど欲しい魔王は閨で、勇者の〈子種〉を乞い願う(1)が見つからないということは起きないでしょう。
また専用アプリリーダーは高機能で使い勝手が良いですので、読む環境を重視する方にもおすすめな魔王は閨で、勇者の〈子種〉を乞い願う(1)電子書籍サイトと言えます。


BookLive!(ブックライブ)魔王は閨で、勇者の〈子種〉を乞い願う(1)あるある


本を買い求めていけば、その内片付ける場所がなくなってしまうということが起こるでしょう。しかし実体を持たないBookLive「魔王は閨で、勇者の〈子種〉を乞い願う(1)」なら、保管場所に困る必要性がないため、収納などを考えることなく読むことができると言えます。
本の販売不振が出版社の頭を悩ませていますが、電子書籍は新たな仕組みを展開することで、新規ユーザーを飛躍的増加させているのです。革新的な読み放題プランがそれを現実化したのです。
老眼になったために、目の前の文字がぼやけて見えるようになってきたという高齢の読書好きな方には、スマホで電子書籍を読むことができるようになったというのは、何より有難いことなのです。文字の大きさを読みやすく調整可能だからです。
10年以上前に大好きだった思い出のある漫画も、BookLive「魔王は閨で、勇者の〈子種〉を乞い願う(1)」という形で読めます。地元の本屋では買うことができないようなタイトルも豊富にあるのが魅力だと言っていいでしょう。
限られた時間を大切にしたいなら、空き時間を賢く活用すべきでしょう。アニメ動画を見るのは移動中であってもできるので、こうした時間を効果的に使うようにしてください。





魔王は閨で、勇者の〈子種〉を乞い願う(1)概要

                              
作品名 魔王は閨で、勇者の〈子種〉を乞い願う(1)
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
魔王は閨で、勇者の〈子種〉を乞い願う(1)ジャンル 本・雑誌・コミック
魔王は閨で、勇者の〈子種〉を乞い願う(1)詳細 魔王は閨で、勇者の〈子種〉を乞い願う(1)(コチラクリック)
魔王は閨で、勇者の〈子種〉を乞い願う(1)価格(税込) 392円
獲得Tポイント 魔王は閨で、勇者の〈子種〉を乞い願う(1)(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


このページの先頭へ