●4h2●

大学課程 電機設計学 改訂3版無料試し読みコーナー


※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。電気機器設計の定番教科書の改訂3版電気機器設計の基本書として、大学の教科書としてはもちろん、広く電気技術者にも親しまれてきた『大学課程 電機設計学(改訂2版)』(1993年発行)の改訂版です。1993年の発行後20年あまりが経過したいまも電気機器設計の基礎理論は変わるものではありません。しかしながらこの間、電気機器を取り巻く材料技術やパワーエレクトロニクスといった分野は目覚ましい成長を見せ、また関連する規格についてもいくつか改訂されています。本書は、時代に即した電気機器設計の教科書として、また、電機メーカの若手エンジニアの座右の書となるように、データの見直し、内容の加筆修正をはかり、まとめたものです。主要目次第1章 電気機器の本質とその内容第2章 電気機器設計の基礎原理第3章 三相同期発電機の設計第4章 三相誘導電動機の設計第5章 永久磁石同期電動機(PMモータ)の設計第6章 直流機の設計第7章 変圧器の設計第8章 電機設計総論第9章 パワーエレクトロニクスと電機設計付録 コンピュータによる利用索引
続き・・・



大学課程 電機設計学 改訂3版無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックすると詳細♪


大学課程 電機設計学 改訂3版「公式」はコチラから



大学課程  電機設計学  改訂3版


>>>大学課程 電機設計学 改訂3版の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)大学課程 電機設計学 改訂3版評判


BookLive!(ブックライブ)の大学課程 電機設計学 改訂3版支払い方法は数多く用意されていて、Tポイントでも大学課程 電機設計学 改訂3版電子書籍を購入することが可能です。
また、ウェブマネー・楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーでも大学課程 電機設計学 改訂3版の料金を支払うことができ便利です。
もちろんクレジットカードやキャリア決済などでも大学課程 電機設計学 改訂3版支払いできますよ。
BookLive!(ブックライブ)ですが、大学課程 電機設計学 改訂3版の冊数に関しては申し分ないレベルとなっており、探したけど欲しい大学課程 電機設計学 改訂3版が見つからないということは起きないでしょう。
また専用アプリリーダーは高機能で使い勝手が良いですので、読む環境を重視する方にもおすすめな大学課程 電機設計学 改訂3版電子書籍サイトと言えます。


BookLive!(ブックライブ)大学課程 電機設計学 改訂3版あるある


余計なものは持たないという考え方が世の中の人に受け入れてもらえるようになった現在、本も冊子形態で持つことなく、BookLive「大学課程 電機設計学 改訂3版」を活用して楽しんでいる人が増加傾向にあります。
「ここにあるすべての本が読み放題であれば、こんなに凄いことはない」という利用者の発想を反映する形で、「月額料金を支払えば購入の度に決済しなくてよい」という形の電子書籍が考案されたわけです。
BookLive「大学課程 電機設計学 改訂3版」は常に携行しているスマホやiPadからアクセスすることができて、非常に重宝します。冒頭部分のみ試し読みを行って、その漫画を読むかを判断するという方が少なくないと言われています。
コミックサイトは一つしか存在していないわけではありません。それらのサイトをきちんと比較して、自分に合ったものをピックアップすることが大事になります。そうすれば後悔しなくて済みます。
毎月頻繁に漫画を買うという方からすると、固定の月額料金を支払うだけでどれだけでも読み放題で閲覧できるというシステムは、まさに画期的だと捉えられるでしょう。





大学課程 電機設計学 改訂3版概要

                              
作品名 大学課程 電機設計学 改訂3版
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
大学課程 電機設計学 改訂3版ジャンル 本・雑誌・コミック
大学課程 電機設計学 改訂3版詳細 大学課程 電機設計学 改訂3版(コチラクリック)
大学課程 電機設計学 改訂3版価格(税込) 2916円
獲得Tポイント 大学課程 電機設計学 改訂3版(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


このページの先頭へ