●4h2●

ぼくのともだち無料試し読みコーナー


「孤独がぼくを押し潰す。ともだちが欲しい。本当のともだちが!」パリ郊外モンルージュ。主人公のヴィクトールは、まるで冴えない孤独で惨めな貧乏青年。誰もが勤めに出ているはずの時間、彼だけはまだアパートの部屋に居残っている。朝寝坊をして、なにもない貧相な部屋でゆっくりと身繕いをし、陽が高くなってから用もないのに街へと出て行く。誰かともだちになれる人を探し求めて……。職ナシ、家族ナシ、恋人ナシ。「狂騒の時代」とも呼ばれた1920年代のにぎやかなパリの真ん中で、まったく孤立し無為に過ごす青年のとびきり切なくとびきり笑える〈ともだち探し〉は、90年もの時を経て現代日本の読者に驚くほどストレートに響く。かのベケットが「心に沁み入る細部」と讃えたボーヴの筆による、ダメ男小説の金字塔。 [解説]豊崎由美
続き・・・



ぼくのともだち無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックすると詳細♪


ぼくのともだち「公式」はコチラから



ぼくのともだち


>>>ぼくのともだちの詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)ぼくのともだち評判


BookLive!(ブックライブ)のぼくのともだち支払い方法は数多く用意されていて、Tポイントでもぼくのともだち電子書籍を購入することが可能です。
また、ウェブマネー・楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーでもぼくのともだちの料金を支払うことができ便利です。
もちろんクレジットカードやキャリア決済などでもぼくのともだち支払いできますよ。
BookLive!(ブックライブ)ですが、ぼくのともだちの冊数に関しては申し分ないレベルとなっており、探したけど欲しいぼくのともだちが見つからないということは起きないでしょう。
また専用アプリリーダーは高機能で使い勝手が良いですので、読む環境を重視する方にもおすすめなぼくのともだち電子書籍サイトと言えます。


BookLive!(ブックライブ)ぼくのともだちあるある


誰でも読める無料漫画を配置することで、サイトの閲覧者を増やし売上につなげるのが販売会社側のメリットですが、当然ですが、ユーザー側にとっても試し読みが出来るので、買うかどうかの判断に役立ちます。
電子書籍ビジネスにはたくさんの業者が参入していますので、間違いなく比較してから「どの電子書籍を選定するのか?」を決めるべきです。広範囲な本が揃っているかとかコンテンツ、価格などを総合判断すると良いと思います。
「この棚に並んでいる全部の漫画が読み放題だとしたら良いのに・・・」というユーザーの声をベースに、「月額料金を支払えば購入の度に料金が発生しない」というスタイルの電子書籍が生まれたわけです。
鞄などを持ちたくない男の人にとって、スマホで無料電子書籍が堪能できるというのは素晴らしいことです。荷物を増やさずに、ポケットの中に入れて本や漫画を携帯できるというわけです。
無料電子書籍を活用するようにすれば、いちいち書店まで行って立ち読みであらすじを確認するといった面倒なことをしなくて済むようになります。こんなことをしなくても、「試し読み」すれば内容のリサーチが可能だからというのが理由です。





ぼくのともだち概要

                              
作品名 ぼくのともだち
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
ぼくのともだちジャンル 本・雑誌・コミック
ぼくのともだち詳細 ぼくのともだち(コチラクリック)
ぼくのともだち価格(税込) 864円
獲得Tポイント ぼくのともだち(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


このページの先頭へ