●4h2●

ラジオに恋して ぼくらのラジオデイズ 1980‐2016無料試し読みコーナー


ラジオは私にとって、幼い頃から聞いていた大切な仲間。スピーカーから流れてくる音楽を口ずさみ、踊り、微笑み、時に涙する。そして、ラジオに恋して…。本書では、そんな愛おしいラジオのお話や、私がラジオDJになるまでの経緯を大いに語らせていただきます。(本文「はじめに」より)1980年代、なぜみんながFMラジオを聞いていたのか。開局当時、東京で聴くことのできるおしゃれなラジオとして、たちまち人気を博したJ-WAVE。街中のあらゆるところでラジオが流れ、世界中の音楽がたくさんの人たちへ届けられていました。バブル絶頂期にあった創設当時の情景や、超大物アーティストとの交流(デビット・カッパーフィールド、ジェイムス・テイラー、デヴィッド・フォスター、ヴァン・ヘイレン、ジャクソン・ブラウン、エンヤ、セリーヌ・ディオン、オジー・オズボーン、タック&パティ等々)。とっておきのエピソードを初代DJ ルーシー・ケントさんに綴っていただきました。★パックンが絶賛! 1988年に開局したJ-WAVEの初代DJルーシー・ケント氏の初のエッセイ本。ラジオ好き、音楽好きは、懐かしくも新鮮に当時を思い出せる秘話が満載です。【目次】第1章 開局J-WAVEというラジオの金字塔第2章 世界中のアーティストがあのスタジオにいた第3章 いまでも電波にのせて届けたい話第4章 私はラジオに育ててもらった第5章 ラジオと出会う前、時は60年代に遡るDJ特別対談 ルーシー・ケント×ジェームス天願 ぼくたちは西麻布ではじめて出会った【著者プロフィール】ルーシー・ケント(LucyKent)アメリカ人と日本人の両親を持つ。アメリカ生まれ。3歳の時東京に移住。8歳の頃、原宿でスカウトされ、雑誌・ポスター・TVCM・TVアシスタント等モデルとして活動を始める。卒業後、ラジオDJ、ナレーター、MCの仕事をスタート。1981年からは六本木のライブ・ハウス「KENTOS」のヴォーカリストとして週6日、1日4ステージを6時間務めた。1988年、J-WAVE開局と同時に同局のDJに起用される。2004年7月まで同局で様々なレギュラー・プログラムの他、ホリデー・スペシャルやイベントの司会を担当する。
続き・・・



ラジオに恋して ぼくらのラジオデイズ 1980‐2016無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックすると詳細♪


ラジオに恋して ぼくらのラジオデイズ 1980‐2016「公式」はコチラから



ラジオに恋して ぼくらのラジオデイズ 1980‐2016


>>>ラジオに恋して ぼくらのラジオデイズ 1980‐2016の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)ラジオに恋して ぼくらのラジオデイズ 1980‐2016評判


BookLive!(ブックライブ)のラジオに恋して ぼくらのラジオデイズ 1980‐2016支払い方法は数多く用意されていて、Tポイントでもラジオに恋して ぼくらのラジオデイズ 1980‐2016電子書籍を購入することが可能です。
また、ウェブマネー・楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーでもラジオに恋して ぼくらのラジオデイズ 1980‐2016の料金を支払うことができ便利です。
もちろんクレジットカードやキャリア決済などでもラジオに恋して ぼくらのラジオデイズ 1980‐2016支払いできますよ。
BookLive!(ブックライブ)ですが、ラジオに恋して ぼくらのラジオデイズ 1980‐2016の冊数に関しては申し分ないレベルとなっており、探したけど欲しいラジオに恋して ぼくらのラジオデイズ 1980‐2016が見つからないということは起きないでしょう。
また専用アプリリーダーは高機能で使い勝手が良いですので、読む環境を重視する方にもおすすめなラジオに恋して ぼくらのラジオデイズ 1980‐2016電子書籍サイトと言えます。


BookLive!(ブックライブ)ラジオに恋して ぼくらのラジオデイズ 1980‐2016あるある


一口に無料コミックと言われても、読むことができるジャンルは多岐にわたります。少女漫画から青年漫画まで揃っているので、あなたが望んでいる漫画が必ず見つかるでしょう。
コミック本というのは、読み終えてから古本屋に出しても、ほとんどお金にならないと言えますし、再び読みたくなったときに再購入が必要となってしまいます。スマホがあれば読める無料コミックなら、本をしまっておく場所が不要なので片付けに苦労することがないのです。
読み放題というサービスは、電子書籍業界でしか実現不可能な正に先進的とも言える挑戦です。利用する方にとっても著者サイドにとっても、魅力が多いのです。
漫画などは、お店で触りだけ読んで購入するかの結論を出す人が過半数を占めます。だけど、このところはとりあえずBookLive「ラジオに恋して ぼくらのラジオデイズ 1980‐2016」で1巻だけ読んで、その本について買う・買わないを決める方が増えているようです。
ショップには置かれていないといったちょっと前に発売された漫画も、電子書籍なら見つけることができます。無料コミックのラインナップ中には、アラフォー世代がずいぶん前に繰り返し読んだ本が含まれています。





ラジオに恋して ぼくらのラジオデイズ 1980‐2016概要

                              
作品名 ラジオに恋して ぼくらのラジオデイズ 1980‐2016
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
ラジオに恋して ぼくらのラジオデイズ 1980‐2016ジャンル 本・雑誌・コミック
ラジオに恋して ぼくらのラジオデイズ 1980‐2016詳細 ラジオに恋して ぼくらのラジオデイズ 1980‐2016(コチラクリック)
ラジオに恋して ぼくらのラジオデイズ 1980‐2016価格(税込) 1123円
獲得Tポイント ラジオに恋して ぼくらのラジオデイズ 1980‐2016(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


このページの先頭へ